Header Image

筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきの原因と対策や治し方

あの世界一と言っても
過言ではない就寝中の「騒音」

い・び・き

一度でも気になってしまったら
まるでブラックホールに
引きずり込まれたかのような闇の不快感

自分のことも、パートナーのことも、
半永久的に苦しめてしまうかもしれません。

改善する気がある方のみ
公式サイトで続きをお読みください。

ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

このシンプルで簡単な「いびき改善術」は、わずか4ステップ!

1、自分のイビキのタイプを知り原因特定

2、原因別の改善法を実践

3、効果的なイビキ対策を平行して行う

4、再発防止のために定期的に自己チェックする

睡眠の質が悪いと不幸の原因にもなる

睡眠は「QOL(生活の質)」を向上させ、幸せな人生を送るために重要なものです。その「QOL(生活の質)」を向上に大事な「睡眠の質」を上げることは、あなたの一生を幸せな方向へ大きく左右するくらい大事な事です。大きな「いびき」は自分だけでなく周囲の大切な「睡眠の質」も下げてしまい互いに「ストレス」になることもあり喧嘩や別れ話に発展してしまう可能性もあるでしょう。

そして「ストレス」はあらゆる「病気の原因」にもなります。

つまり「いびき」⇒「QOL(生活の質)」が下がる」⇒「ストレス」⇒「ストレスが長期的に」⇒「病気」という可能性もあるので、いびきは改善していくほうが良いと言えます。

自分の幸せの為にも、パートナーの幸せの為にも、いびきを改善しませんか。

ストレスが関係している身体の病気(心身症)

ストレスが関係している身体の病気(心身症) の一例を厚生労働省の「こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト」から一部引用します。
部位 主な症状 補足
呼吸器系 気管支喘息,過喚起症候群 多くの方がご存じだと思われる「過呼吸」や「喘息」もストレスが関係しているので、ストレスケアを行うことはとても重要です。
循環器系 本態性高血圧症,冠動脈疾患(狭心症,心筋梗塞) 準備中
消化器系 胃・十二指腸潰瘍,過敏性腸症候群,潰瘍性大腸炎,心因性嘔吐 準備中
内分泌・代謝系 単純性肥満症,糖尿病 準備中
神経・筋肉系 筋収縮性頭痛,痙性斜頚,書痙 準備中
皮膚科領域 慢性蕁麻疹,アトピー性皮膚炎,円形脱毛症 準備中
整形外科領域 慢性関節リウマチ,腰痛症 準備中
泌尿・生殖器系 夜尿症,心因性インポテンス 準備中
眼科領域 眼精疲労,本態性眼瞼痙攣 準備中
耳鼻咽喉科領域 メニエール病 準備中
歯科・口腔外科領域 顎関節症 準備中

引用元:「部位」と「主な症状」を「こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト」から引用

ストレスの怖さがご理解いただけたかと思います。繰り返しますが「いびき」⇒「QOL(生活の質)」が下がる」⇒「ストレス」⇒「ストレスが長期的に」⇒「病気」という可能性もあるので、いびきは改善していくほうが良いと言えます。

いびきの原因

睡眠中は体がリラックスして顎が上がります。そして舌が後方へ下がり、その結果、空気の通り道の気道を塞ぐので呼吸による空気抵抗で、喉の奥の粘膜の振動によって「旗がバタバタ揺れるようなイメージ」で音が出ます。空気の渋滞のようなものです。

鼻や口から吸い込まれた空気は普通はスムーズに肺まで達しますが、この空気の通り道の気道が狭くなっていて、「乱気流が起こって音が出る」のです。いびきは喉で起こるので、喉が狭くなっている場合、気道が呼吸によって張り付きやすくなっているのです。空気が上顎の奥の方(軟口蓋)や、のどちんこ(口蓋垂)を振動させて、音を出すこともあります。

気道が狭くなる原因として、次のようなものがあります。

  • 口の周り筋力の低下(加齢)
  • 舌が重たい(肥満)、大きい
  • 口呼吸
  • 下顎が小さい
  • 首が太くて短い
  • 口蓋扁桃や咽頭扁桃が大きい
  • のどちんこが長い
  • 鼻が詰まっている
  • 口呼吸をしている
  • アルコールで粘膜が膨張
  • 筋弛緩薬、睡眠薬、精神安定剤の使用
  • 寝ている姿勢
  • 食事の仕方

子供の場合

子どもがいびきをかいている場合は、鼻が詰まって口呼吸になっているか、咽頭扁桃が大きくて、のどで気道が狭くなっている場合がよくあります。

高齢者の場合

高齢者になると、のどや舌の筋肉が弱くなるので、仰向けに寝ていると舌がのどに落ち込んで、気道が狭くなります。

精神的な疲れ

精神的な疲れがたまっていると、いびきをかきやすくなるとも言われています。

大いびきの後に呼吸がしばらく止まって、再びいびきが始まるというようなことが続く場合は要注意です。「睡眠時無呼吸症候群」という病気の可能性があります。

いびきといっても原因は多様にありますので、しっかりと原因を突き止めていく事が大切です。

疲れがたまっていると体の回復のために多くの酸素が必要なので、口から多くの酸素を吸い込むため、いびきをかきやすくもなりますので、いびきを改善するために「疲れ」をためないことはとても大切です。

自分を労わって」大切にしてあげてください。

振動の源の筋肉、粘膜部分が健康な状態に

繰り返しになりますが、喉の奥の「粘膜の振動」によって「旗がバタバタ揺れるようなイメージ」で音が出るイメージだとお伝えしましたが、つまり、その振動の源である「咽頭部の粘膜を中心」に「筋肉、粘膜部分が健康な状態に戻れば、いびきは改善へ向かう」という事です。

そのテクニックは以下のマニュアルで具体的に学ぶことが出来ます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

いびきは実は家庭でも簡単に改善可能です

ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

筋肉を健康な状態に戻して、いびきを改善させるために筋肉成分を「サイレントナイト」というサプリメントで補うこともおすすめです。

「サイレントナイト」では筋肉成分である「リンゴ酸マグネシウム」と「コエンザイムQ10」とサポート成分として「イライラに打ち勝つギャバ」と「目覚めをシャキッとさせるためのイミダペプチド」が配合されています。

いびきの対処法

もしかすると「所詮いびきだよ」と思う方もいるかも知れませんが、いびきを傍で聞いている家族に取っては結構辛いものです。「うるさい!」というそれだけの問題ではありません。いびきは時に健康を害したり、寝ている時に呼吸が止まったりしてしまう「睡眠時無呼吸症候群」にでもなれば、下手すれば死に至るケースもあるのです。

そして前述したストレスが関係している身体の病気(心身症) の一例でわかるように、いびきからのストレスを放置していると、病気になる可能性も否定はできないのです。

時々いびきをかいているくらいであれば気にすることはありませんが、毎日のようにいびきをかいているようであれば病気の可能性もあると言えるでしょう。

いびきの多い方でも、ある程度対処する方法はあります。

横向きで寝る

いびきをかいている人の場合、仰向けで寝ていることが多いです。仰向けで寝ていびきをかくことにより、睡眠時無呼吸症候群になってしまう場合があります。その為にも日頃から横向きで寝るように意識しなければなりません。

横向きで寝る為の商品も販売されていますが、背負って寝ることでリュックサックでも代用することが出来ます。リュックサックなどにタオルなどを適当に詰め込んだままの状態で寝ましょう。

そうすると、仰向きで寝るのが難しくなり自然と横向きで寝ることが可能になる場合もあるでしょう。

ただ、この方法では根本解決にはなりません。

鼻呼吸をする

いびきの原因となっているのが口呼吸です。普段から口呼吸が中心になっている人は、意識して鼻呼吸をするようにしましょう。いびき以外にも口呼吸はデメリットのほうが大きいのです。風邪のウイルスなども口から入って感染することが多いので、鼻呼吸のほうが風邪をひくリスクも低くなります。口呼吸の人がすきなり鼻呼吸に変えるのは難しいと思うので、気が付いた時に意識して鼻呼吸をするようにするだけでも良いと思います。

マウスピースを使うこともお勧めです。マウスピースを使うことでいびきだけではなく歯ぎしりも一緒に防いでくれます。

ただ、この方法も根本解決にはなりません。

ストレスを改善する

いびきを日頃からかいている人の多くは仕事などで疲れている方が大半です。疲れとストレスが溜まるといびきの回数も増え、音も大きくなりがちです。無理のない範囲で規則正しい生活を送るようにしましょう。

不規則な生活を続けていていびきが改善されるということは有り得ません。ストレス解消をすることは大事ですが、暴飲・暴食は厳禁です。食事はバランス良く摂ることを心がけてください。

バランスを摂りつつ自分の好きな食べ物を食べたり、運動をしっかり行い、自分の中の歪んだ考え方の癖(認知の歪み)を修正したりしてストレス解消をさせることはとても有効的です。

認知の歪みは新たなストレス要因を作り出したりしまし。つまり認知の歪みがあると、前述したストレスが関係している身体の病気(心身症) の一例に記載されているような病気の原因や、うつ病の原因にもなるのです。

ですから、いびき改善はとても大事なことです。

手術をする

いびきがあまりにも酷い場合、手術をして対処することも可能です。ですが、これはあくまでも最終手段と考えたほうが良いでしょう。

9割の方が、いびきの消失、または軽減されたという声もありますが、手術をしたからと言っても必ずいびきが改善されるというわけではありません。

費用も掛かる為、最終手段と考え、生活習慣を見直したりして家庭でもできる「いびき」改善完全マニュアル 「いびきを元から改善する1日10分スゴ技テクニック」でしっかり学んで、出来る限りの対処をすることをお勧めします。

いびきを克服するミラクルテクニック

喉の奥の粘膜の振動によって「旗がバタバタ揺れるようなイメージ」で音が出るイメージだとお伝えしましたが、つまり、その振動の源である「咽頭部の粘膜を中心」に筋肉、粘膜部分が健康な状態に戻れば「いびきは改善へ向かう」という事です。

1日10分のトレーニングで器具や手術に頼らない方法を、私はおすすめしています。
まずは詳細をご確認下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

 

徹底研究の結果わかった筋肉成分の低下の問題を
サポートするサプリメント
サイレントナイトの詳細はこちら