筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきには喉の筋トレが効果的ってホント?

寝ている時は、とても気持ち良く1日のうちで1番リラックスできる至福の時間ですよね。しかしその睡眠を妨げてしまうのがいびきと言われています。しかし、そのいびきをかかない様にするのは至難の技と言われており、睡眠時は眠りが浅い時以外は、ほとんんど意識がありませんので、それがいびきをかいている本人が認識できないとあって困るのです。
いびきをかいている張本人は、無意識のうちに起こっているいびきに対して、様々な対策を行って、何とかいびきをかかない様にしようと努力しますが、いびきが本当に改善されているのかを自分で確認する事ができませんので、根本的な改善策を行わなければ、いびき対策も気休めと言った感じになってしまうでしょう。
そこでオススメしたいのが、いびきを根本から解決できると言われる改善方法です。そのうちの1つが、首や舌の筋トレと言われています。なぜ首と舌の筋トレがいびきに効果があるのかと言いますと、首や舌の筋肉は食べ物を飲み込む時以外にも、声を出す時にも使う筋肉になりますので、筋力が衰えると横になったり仰向けになった時に、舌が喉の奥まで落ち込んでしまい、気道を塞いでしまうのです。
また、気道が塞がってしまうと、空気の通り道が狭くなりますので、呼吸をする度に、たるんだ筋肉のせいで更に気道が震えてしまい、いびきが出てしまうのです。これを改善するにはやはり首と舌の筋トレを行う事が効果的と言われています。しかし、首や舌の筋肉を鍛えると言ってもいったいどうしたら良いのでしょうか?
まず、首の筋肉が衰えたら舌が落ち込む訳ですから、舌と喉の筋肉は繋がっていると考えましょう。つまり、舌の奥を鍛える事が出来れば、同時に首周りの筋力もアップして、就寝時に舌が喉の奥に落ちる事もないのです。そして、どこでも簡単にできると言われているのが、舌を思いっきり前に突き出して、引っ込める運動や、舌をぐるぐると回す様に動かす運動、そして舌を上下に動かす運動になります。これを何度も繰り返す事で、少しづつですが首にも筋力が付いていきますので、いびきが改善されていきます。
また、肥満体質の方も気道が塞がり易くなっており、その原因が首周りに脂肪が付く事により、気道が狭くなるからと考えられます。肥満体質の方はダイエットを行うだけでも、脂肪に圧迫されていた気道が広がり、いびきが改善されていきます。そして、首の筋力をアップする効果を狙うなら、咀嚼筋を鍛える運動もオススメです。咀嚼筋とは食べ物を噛んで飲み込む為の筋肉ですが、それを鍛える為にガムを噛んだり、グミを噛んでみましょう。ガムでしたら板ガムを2枚同時に、グミは少し硬めのものをチョイスして下さい。
いびきが気になると言う方は、直ぐにできる舌の筋トレや咀嚼筋を鍛える動きを毎日行える様に、無理のない程度に継続してみて下さい。そして、1日も早く辛く苦しいいびきから解放されましょう。

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)