筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

簡単にできるいびき改善方法とは?!毎日の習慣を変えてみよう!

自分のいびきで起きてしまったことがある、大きないびきをかいていると指摘されたことがある、映画館やバスの中で居眠りをしているときに、大きないびきをかいて恥ずかしい思いをしたことはありませんか?いびきは自分が自覚している以上に、周りに迷惑をかけていたりとても恥ずかしい思いをしなければいけません。できることなら無意識にかいてしまういびきを、すぐにでも改善したいと思いますよね。そこで簡単にできるいびきの改善方法をいくつか紹介したいと思います。
【毎日の習慣を変えていびきを改善しよう】
誰でも毎日行っている習慣ってありますよね。例えば、必ず晩酌をしてからでないと良く眠れない、寝る前についついスマホやパソコンをいじって夜更かしをしてしまう、最近太ってきた気がするが食生活を変えられない、仕事で疲れているがゲームをやりすぎてしまう…。実はいびきの原因として、この様な生活習慣が関係しているかもしれないのです。いびきは脳とも密接な関係があり、夜更かしやストレス、毎日の深酒などで生活習慣が乱れると脳の神経にも悪影響を与えると言われているのです。
脳の神経が生活習慣の乱れにより常に興奮状態であったり、過敏になっていると睡眠中の呼吸が不規則になり反射も鈍くなるのです。そういった複合的な要因が重なるといびきをかきやすくなったり、睡眠もしっかりと取れなくなってしまいます。こう言った事が起これば睡眠の質が悪くなりますので、毎日ちゃんと寝ているつもりでもなぜか体がだるい、常に疲れている、頭がぼーっとしてすっきりしないと言った症状が出て来るでしょう。
いびきをかいて寝ることで十分な酸素が脳を始め全身に行き渡らなくなると、脳梗塞、心臓病、高血圧を引き起こしてしまったり常に体が倦怠感を感じる等、睡眠をどれだけとっても体の状態は悪くなってしまう一方なのです。もしもいびきをかいてしまう方で、これらの症状に思い当たるものがあるならば、生活習慣を変えていびきを改善されることをオススメします。
【直ぐにできるいびきを改善する生活習慣とは?】
いびきを改善するには、決まった時間になるべくベッドに入る事をおすすめします。その理由とは、就寝時間を一定にする事で体がそのリズムを覚えて、条件反射の様に決まった時間になると眠くなり脳を休ませる事ができるからです。初めのうちはなかなか寝られないかもしれませんが、横になっているだけでもかまわ無いので習慣として続けてみましょう。そのうち自然と睡眠に入る事ができる様になります。
また、スマホやパソコン、ゲームを遅くまでついついやってしまうと言う方も、依存状態に陥っている可能性があります。常にスマホが気になって仕方ない状態では、脳も休まる暇がありませんし、いびきを更に悪化させる原因になります。いきなりスマホやゲームの時間を減らすのは難しいかもしれませんが、いびきをかかない為の習慣として、寝る前には脳を興奮させない様にスマホなどの使用時間を少しずつ減らして行くことが大切です。このように、ちょっとした生活習慣の見直しをしていくだけでも、睡眠の質は良くなりいびきも少しずつ改善して行くでしょう。

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)