筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきを改善するには筋肉を鍛えるのが効果的?

いびきは近くでかかれると本当にうるさいですし、指摘するにもいびきをかいている人に悪気が無いだけに、厄介なものですよね。そして、もしも自分がいびきをかいている場合には、自覚があったとしてもどうやったら治るのか、分からないと言う方も多いかと思います。
いびきと言うのは、実はこちらも想像しない様な、複合的な原因でかいてしまうと言われています。例えば、たまにしかいびきをがかかない方を例に挙げると、いびき自体が一時的なものであることから、いつもと違う生活のリズムや環境の変化があった場合のみいびきをかいていると言う事が分かります。
中でも多く聞かれる原因として、仕事でとても疲れている、旅行中や外泊時に枕が変わったり、いつもと同じ寝具で寝られ無い為に首の位置が定まらず、喉が詰まる様に寝苦しく感じていびきをかいてしまうと言うものです。また、深酒をしていたり、ストレスが溜まっている、蓄膿症や風邪による鼻づまり等もいびきの原因として当てはまります。こういった場合のいびきであれば、その原因を取り除く事でいびきがピタッと止まるケースがほとんどですので、そこまで心配はいらないかもしれません。
しかし、いびきの中でも危険なのは毎日慢性的にかいてしまういびきになります。なぜ危険かと言いますと、慢性的ないびきには大きな病気が隠れていたり、喉や呼吸器系に問題が生じている場合があるからです。例えば扁桃腺肥大や肥満により、就寝時の姿勢によって気道が圧迫されていびきが出てしまう場合には、就寝中に十分な酸素が全身に行き渡らない為、新たな病気を産んでしまう可能性があるからです。
扁桃腺肥大の場合は病院で手術等の処置を行う必要がありますし、肥満の場合にはダイエットをする事で気道が広がり、いびきがストップする事もあります。しかし、首や喉の筋肉が衰えてしまった時には体と同じくたるみが出てしまい、そのせいで喉の筋肉が気道を塞いでいびきをかきやすくなってしまうので、たるみを解消する筋トレを始める事がいびきを改善する方法になります。筋トレと聞くと過酷なものを想像してしまいますが、たるみを解消する筋トレは、簡単なストレッチに近い運動になりますので、気軽に実践する事が可能です。
特に筋トレとして効果的なのは、喉の筋肉と連動している下の付け根を鍛える事です。簡単な舌の筋トレは、舌の先を上顎につける様にした後、舌を前に突き出す様に伸ばす運動です。これを何回か繰り返した後に、舌をグルグルとまわしながら、舌の付け根を鍛える様に意識して動かしましょう。この筋トレを毎日5分~10分程度続けるだけでも喉の筋肉が鍛えられて、気道を塞いでいたたるみも少しずつ解消されていくでしょう。
口の周りの筋肉を鍛える事もいびき防止に役立ちます。筋トレとしてガムを噛んだり、硬めのグミキャンデーを食べるだけでも就寝時の口呼吸を防いで、いびきを自然とかきにくくなりますのでお勧めです。この様に手軽に行える筋トレを実践しながらいびきを防止して、より良い快眠を目指しましょう。

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)