筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

子供のいびきは病気が隠れている?原因を探り改善する方法とは

いびきは大人だけがかくものだと思われがちですが、実は子供でもいびきをかいてしまう事があります。例え子供であっても、大人顔負けの大きないびきをかいていると言う場合には、何かしらの病気や体の変化によっていびきをかいている可能性があると考えられますので、いびきによる病気のサインを見逃さない様にしなければいけません。子供のいびきの原因として多いと言われているのが、扁桃腺肥大になります。扁桃腺肥大とは、口を大きく開けた時に見えるのどちんこの横に位置する扁桃腺が、大きく腫れた様な状態になり気道を狭めている病気です。
この場合、気道がこの扁桃腺によって塞がれてしまう為に、就寝中に無理して呼吸しようとしていびきが発生するのです。いびきの原因が扁桃腺肥大かを見分ける一つの目安として、子供がいびきをかいて寝ている時に、呼吸をすると胸が大きくへこむと言う特徴があります。もしも子供がいびきをかいて寝ていたら、まずは上半身の着衣をめくり胸が不自然にへこんでいないかを確認してみましょう。
もしも扁桃腺肥大をそのままにしておくと、いびきだけでは無く子供の成長の妨げとなる可能性があります。例えば、口呼吸により風邪をひき易くなる、虫歯になり易い、喘息体質になる、体が痩せてしまう、集中力が散漫になり学習の妨げになる等、体にありとあらゆる弊害が起きてしまいます。子供がいびきをかいて寝ている場合には、なるべく早めに病院で診察を受けさせるのが良いでしょう。扁桃腺肥大の治療方法は、主に手術によって肥大した扁桃腺を縮小するものになりますが、この手術によって狭くなっていた気道が広くなり、呼吸が楽になるだけで無くいびきも同時に改善されます。
子供のいびきの原因として他にも考えられるのは、鼻の疾患である蓄膿症や、アレルギー性鼻炎、風邪が原因で起こる鼻ずまりです。こう言った病気が隠れている場合には、普段から子供が口呼吸をしていないか、いびきだけで無く寝苦しそうにしていないかを注意深く観察しておく必要があります。特に蓄膿症の場合には、普段から鼻声であったり眠っていなくても、仰向けや横になっただけでいびきの様な音が出ている場合があります。
蓄膿症やアレルギー性鼻炎も、就寝中に酸素が脳を始め全身に行き届かなくなる為、睡眠の質を悪くして成長ホルモン分泌の妨げとなります。気が付いた時には、耳鼻科などで早めに診察を受けて治療を行って下さい。蓄膿症やアレルギー性鼻炎の場合も病院で正しく治療を行えば、いびきだけで無くそれに伴う様々な症状を改善する事ができるでしょう。
子供のいびきは大人のいびきと違い、体が完全に出来上がっていない成長過程にある状態で起こっていますので、そのうち自然に治るだろうと放置しておくことは、大変危険と考えても良いでしょう。いびきの原因を直ぐに突き止める為にも、病院で必ず検査を受けて、病気のサインを見逃さない様にしましょう。

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)