筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきを改善する効果的な食べ物とは?

いびきにお悩みの方にとって、いびきを改善する為の食べ物にはどんな物があるのか気になりますよね。そこで、いびきに効果的な栄養素を含んだ食べ物や、美味しくいびきを改善できる食事メニューを紹介したいと思います。
まずいびきが出てしまう原因とは複合的な理由と言われており、中でも喉や首の筋肉の衰えがいびきの原因と言われているのです。その筋肉を強化する食材が鶏の胸肉やささみと言った高タンパク低カロリーの食材です。 更に体のありとあらゆる機能を回復させる効果のある、コエンザイムQ10を含んだ食べ物もいびき改善に効果的と言われています。
コエンザイムQ10は、加齢によって衰えた筋肉をサポートしてくれるだけで無く、呼吸をする時に空気が通る為のトンネルの様な役割を果たす、喉の気道を広げてくれる効果もあります。コエンザイムQ10を含む食材はイワシや鯖と言った青魚ですが、さらにビタミンCが豊富なブロッコリーと一緒にグリルしたり、青魚を調理した際はレモンを絞って頂くとビタミンCも一緒に摂れるので、いびきにはピッタリな最高の組み合わせと言えるでしょう。
次に、噛む事で筋肉を鍛えていびきを改善する方法もあります。いびきは口の周りから喉に繋がる咀嚼筋を鍛えるとたるみも改善されて、たるんだ筋肉によって気道が狭まることを予防、改善する事ができます。そこで、咀嚼筋を鍛える為に良い食材は、噛みごたえのあるスルメや魚の丸干し、おやつ昆布、グミ、チューイングガムと言った、固めでカロリーの低いおつまみやオヤツになります。噛んでいるうちに少し顎が疲れる様な感覚があれば、咀嚼筋は鍛えられていると言っても良いでしょう。顎を傷めない為にもあまり無理をしない程度に、食材を左右で噛む様にすると筋肉もバランス良く鍛えられます。
また、いびきの原因として考えられるのは肥満になります。肥満になると、首の周りや鼻腔に脂肪がついて空気の通り道をを狭めてしまいます。それを解消するのにも噛みごたえのあるオヤツ類はお勧めです。ダイエットの一貫として噛みごたえのあるおやつを間食に加えると、ダイエット中の食欲を抑えるのにもぴったりですし同時に筋肉も鍛えられますので、まさに一石二鳥のいびき改善方法になります。
いびきを改善するには、食べる時間や量も大切です。なるべく規則正しい時間に食事を取り、食べ過ぎには注意しましょう。食事の時間が不規則になると、体内時計と言って人間の体に自然に植え付けられている時間のサイクルが狂い、本来であれば自然に眠れるはずの時間に目が冴えてしまったり、眠りが浅くなってそれがいびきの原因になる事があるのです。
どんなにいびきに良いとされる食材であっても、食べ過ぎてしまえば安眠の妨げになってしまいます。そして胃に食べ物が残っていると消化に時間がかかりますし、昼間の様に効率よくエネルギーを消費する事ができず肥満の原因になったり、寝苦しく感じて眠りも浅くなってしまうのです。いびきを根本から改善する為にも、食事の時間や食べ過ぎには気を付けて快眠を目指して行きましょう。

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)