筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

鼻呼吸でいびきを改善しよう

大きな音でかいてしまういびきは、自分だけの問題ではなく家族やパートナーを始めとする、周りの人の気持ちの良い安眠を妨げて迷惑をかけてしまいますよね。そしていびきをかいて寝ている人は寝室をパートナーと別々にしたり、一時的にいびきが改善されるアイテムを使うことで、何とかしてそのいびきが周りの迷惑にならないように、すでにいびき対策を行っているかもしれません。しかし、そういったいびき対策を行っても元から改善される事はありませんので、どこかのタイミングでいびきを完全に絶たなければ、体にも不調が現れますし旅行や外泊の度にいびきに怯え続けなければなりません。
そこで、百害あって一利なしのいびきを根本的に解決する為にも、自分のいびきがどの様なタイプであるかをセルフチェックする必要があります。就寝中のスタイルは人それぞれですが、いびきをかいている可能性があるのは口呼吸をしている人に多いとされています。例えば、目覚めたときに口を開いていたり、いつもよだれを垂らしてしまうと言う方は、慢性的にいびきをかいていると疑っても良いかもしれません。寝るときには意識して口を閉じる様にしても、無意識のうちに口が開いてしまうと言う場合には、鼻呼吸だけでは酸素が十分に取り込めていないと言うことになります。特に寝ている最中は体に酸素を必要としますので、鼻呼吸が上手くいかないと自然と口が開いてしまうのです。
口呼吸を鼻呼吸にするだけでも、いびきは大きく改善されます。口呼吸を防止するためには様々なアイテムがありますが、そういったアイテムを使う前に、鼻呼吸だけで1日生活してみましょう。この時に、少しでも苦しいと感じることがあれば、もしかしたら鼻の奥にあたる鼻腔内に何かしらの疾患を抱えているか、肥満により鼻腔内に脂肪がついているかもしれません。鼻の疾患や脂肪を取り除かなければ、口呼吸を防止するアイテムを使っても呼吸が苦しくなるだけで、あまり効果が見込めませんので、鼻呼吸が苦しいと言う場合には、まずダイエットをして脂肪を落とす事と、病院できちんと診察を受けて医師の指導のもと治療を行いましょう。
病院で診察を受けて、いびきの原因が蓄膿症や扁桃腺肥大等、鼻や喉の疾患では無かった場合には、早速いびき防止アイテムを使っていびきを改善して行きましょう。ご自分で簡単に使えるアイテムですと、口呼吸防止テープがお値段も安く手軽に使えるとあって、口コミでも人気となっています。こう言ったアイテムを使用する事で、いびきが直ぐに止まると共に少しずつ口呼吸を鼻呼吸に促す事ができます。使用方法はとても簡単で、口を閉じた状態のままの状態で上唇と下唇を固定する様にテープを貼ります。テープは口全体に真一文字に貼るものではありませんので、全く鼻呼吸をしたことがないという方も不安なくご使用いただけるかと思います。テープによっては、粘着が弱まれば洗ってから繰り返し使用できるものもあれば、使い捨てのタイプもあります。
慣れないうちはテープが剥がれてしまったり、寝返りをうった時に外れてしまう事があるかもしれませんが、マメにテープを貼り替えたり、毎日短い時間でも継続して使い続ける事で自然と鼻呼吸に慣れていき、その結果いびきも自然と改善されて行くでしょう。

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)