筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきを改善するのにマスクは効果的か

誰もが聞かれたら恥ずかしいいびきですが、いびきをかいている人の殆どが睡眠中は無意識のうちにかいてしまうものだと思います。例えば、旅行のバスの中や飛行機、新幹線、通勤の電車等、ついつい居眠りしてしまった時にいびきをかいてしまう事があると思いますが、目覚めた時に口までポカーンとあけた状態でヨダレまで垂らしていたとしたら・・・。そんな間抜けな姿は誰にも見られたく無いですよね。しかし、これが好きな人や友人とのお泊まりや旅行だったらどうでしょうか?どうしても一緒の部屋で眠らなくてはいけない場面が来てしまった場合、本当に頭の痛い問題になってきます。
考え方を変えるならば、バスや電車の中で万が一いびきを聞かれてしまったとしても、相手が他人であればもう二度と会うことはありませんから、少し恥ずかしい思いをすれば済んでしまうのかもしれません。しかし、現在、結婚を前提として交際している相手がいる方や、交際している相手はいなくても将来的に結婚をしたいと望んでいる方にとって、いびきは一生つきまとう問題になるのです。いびきは人間関係を破綻させる元と表現される事もあり、チャンスがあれば早期に改善される事をお勧めします。そこで、身近にあるものを使って、誰にでも簡単にできるいびき改善方法を紹介したいと思います。
【マスクを使っていびきを改善してみよう】
マスクは風邪をひいた時に咳の飛沫に混じるウイルスをシャットアウトする為や、外気に混じる埃やウイルス、花粉等から粘膜を守る為に作られていますが、実はいびきの原因と言われている口呼吸をマスクによって改善する事ができるのです。口呼吸になってしまう原因としては、加齢、肥満、ストレス、喉や鼻の疾患が疑われますが、普段から鼻と口の両方から呼吸をする癖がついている人は、意識すれば鼻呼吸をすることができるのに、ついつい楽な口呼吸になってしまう確率が高くなります。また、加齢等が原因となり喉や舌の筋力が弱っていると、気道が狭くなってしまいますので、更に口呼吸が当たり前になって、無意識のうちにいびきのルーティーンが完成されてしまうのです。
そこで、就寝時にマスクを装着する事で、自然と口呼吸から鼻呼吸にシフトチェンジする方法を試してみましょう。マスクを装着する時には、鼻にマスクがかからないようにマスクの上部をを少し折り込むと鼻呼吸がとても楽になります。マスクを装着し始めて少しの間は違和感があると思いますので、なるべく締め付けの弱い小さなマスクから初めて見るのがお勧めです。最近のマスクは通気性も抜群ですので、装着していても楽に呼吸ができるものが多く、はじめのうちはマスクをしていても口を開けた状態で寝てしまうかもしれませんが、自然と空気の通りが良い鼻から酸素取り込もうとして鼻呼吸ができるようになっていきます。
※マスクを装着しても無意識のうちに外してしまったり、どうしても息苦しくて耐えられないと言う場合は、鼻や喉に何かしらの疾患があるかもしれませんので、マスクの着用を直ちに止めて耳鼻科や内科で診察を受けられることをお勧めします。

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)