筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきを改善したいなら口呼吸をやめましょう

自分が就寝中に大きないびきをかいているとしても、気が付かないのがいびきの厄介な所です。いびきをかいて寝ている時は周りから見れば、ぐっすりと眠っている様に見えますが、実はいびきをかきながら熟睡できている人はとても少ないのです。そして、いびきをかきながら眠っていると言う事は、睡眠の質が落ちている証拠と捉えても良いでしょう。なぜいびきをかいて寝ていると睡眠の質が落ちると考えられるのか、それはいびきのメカニズムを知る事で明確になってきます。
まず、いびきとは睡眠中の呼吸が様々な原因により妨げらる事で起こっています。睡眠中は無意識の状態で呼吸をしていますが、その一方では全身が脱力して体のありとあらゆる筋肉も緩んだ状態になっています。すると元々舌の長い人は仰向けに寝ただけで力を失った舌に気道が塞がれてしまったり、喉の筋肉が緩む事で気道が圧迫されて塞がってしまう事があるのです。その状態では、呼吸をする度に狭くなった気道を空気が通ろうとするだけで、喉の粘膜が小刻みに震えていびきが出てしまうのです。
次に考えられるいびきの原因とは、鼻から喉にかけての疾患や、肥満が原因の鼻腔の閉塞、アレルギー性鼻炎、花粉症、風邪、蓄膿症などによる鼻の詰まりになります。どなたでも一度は経験があると思いますが、鼻が詰まると鼻呼吸が困難になり自然と口で呼吸してしまうのです。口呼吸はいびきの原因と言われており、ひどい場合には顔の輪郭が歪んだり、咀嚼筋が弱くなる事でさらにいびきが深刻化していきます。いびきは私達が想像する以上に重い症状を産んでしまうので、早めに改善しなければなりません。
口呼吸を改善する為には、まくらの高さを調整したり体に負担がかからない様にする為、寝具にこだわるのも良いかもしれませんが、寝具をまるまる変えるのはお金もかかってしまいますし、自宅の寝具でなければいびきが治らないとなれば、根本的にいびきを改善できたとは言えません。いびきを元から断つには、肥満、鼻の詰まり、鼻や喉の疾患、咀嚼筋の低下等、体に起きている変化を見逃さずに改善していく事が大切になってきます。
最近はいびきを改善するアイテムが沢山販売されていますが、何も使わずにいびきを改善できる方法があるのです。それが、長年いびきに悩まされてきた人の手によって、誰もが再現できる様にマニュアル化された、家庭でもできるいびき改善完全マニュアル「いびきを元から改善する1日10分スゴ技テクニック」になります。これまで何も使わずに自力でいびきを改善できる方法は全く無かった訳ではありませんが、そのどれもがぼんやりとした内容であり、効果も個人差があるものが多かった様に思います。しかし「いびきを元から改善する1日10分スゴ技テクニック」はこれまでに類を見ない程しっかりとした内容になっており、口コミでもその驚きの効果が寄せられています。
自分のいびきは一生治らない、巷にはびこるいびき改善方法が信用できない、効果が出るまで飲み続けなければならない薬やサプリメントには頼りたくないと言う方は、是非マニュアルを手に入れて、長いいびき生活に終止符を打ちましょう。

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)