筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきの改善には家庭にある道具を使ってみよう

いびきの改善には家庭にある道具を使ってみよう

社会人、主婦、学生さんなど忙しい1日を終えてベッドに入る瞬間は、至福の時ですよね。しかしその時間がいびきに邪魔されてしまったらどうでしょうか?本人には自覚しにくいいびきは本当に辛いですし、そのいびきを誰かに聞かれてしまったら…と不安なるかと思います。いびきが原因で気軽に旅行にいけなかったり、大好きなパートナーとのお泊まりが苦痛になるのは勿論の事、いびきを聞かれたら嫌われてしまうんじゃないかと、異性との出会いや結婚も躊躇してしまったり、ちょっと居眠りをしただけなのに大いびきをかいてしまい、周りの人に笑われたり、白い目で見られる経験をした事がある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし何より恐ろしいのは、いびきによる健康被害、そして同じ部屋で寝ているパートナーやお子さん等の睡眠を妨げてしまう事かもしれません。特に健康被害に関しては、いびきをかいている人が思っている以上に危険な場合もあり、いびきの裏に病気が潜んでいる事も、視野に入れておかなければなりません。では、いびきをかいて寝てしまう事がなぜそんなにも危険なのか?まず、いびきが出ると言う事は呼吸をする為に必要な鼻や喉に問題があると考えられるからです。睡眠中の呼吸が上手く行かなければ、当然ですが酸欠状態に陥る可能性もありますし、そのままにしておけば睡眠中に呼吸が数十秒間止まってしまう、睡眠時無呼吸症候群まで発病してしまいます。

睡眠時無呼吸症候群は、そのままにしておくと心臓を中心とした循環器系の病気を併発するだけで無く、睡眠中に突然呼吸困難になり意識が混濁する等、命にも関わる危険性があり問題視されているのです。睡眠時無呼吸症候群は、病院で治療される呼吸器系の病気(SAS)として認定されており、最近では生活習慣病、肥満、ストレスの問題を抱えている働き盛りの男性が、いびき症状に対して何の対策も行わなかった為、睡眠時無呼吸症候群を発病してしまうケースが多くあるそうです。そこで、睡眠時無呼吸症候群を予防する道具として、誰でもすぐに用意できるバスタオルをお勧めしたいと思います。

【バスタオルまくらで気道の通りを良くしよう】
いびきは肥満を始めとする様々な原因により気道が狭くなったり、脱力した舌が喉に落ちて気道が塞がれると起こりやすくなりますが、それを解消するためには枕の高さを変えたり、就寝中に頭から首にかけてをしっかりと固定させることでいびきが改善されることがあります。しかし、枕そのものを変えるのはお金がかかりますので、バスタオルを折りたたんだものを使用してみましょう。そこで疑問なのが、枕は高い方がいいのか、低い方がいいのかと言う事ですが、枕が高すぎれば気道がホースを折った様な状態になっていびきの原因になりますし、逆に枕が低すぎれば舌が逆流するように喉に落ち込んでしまうので危険です。

目安としては肥満の方でしたら喉に脂肪がついていますので、気道が潰されないようにやや低めのまくらの高さをイメージして、バスタオルを折りたたんでまくらがわりに使うのがお勧めです。次に舌が長かったり、筋肉が衰えて喉に落ち込む場合には少し高くなる様に、まくらの下にバスタオルをかませてみましょう。枕の高さが合っているのかをチェックする為には、いびきを録音をしておくと良いかと思います。とても簡単な方法ですが、直ぐにでも試すことができて効果も期待できますので、いびきに悩んでいる方はぜひお試しください。

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

 

徹底研究の結果わかった筋肉成分の低下の問題を
サポートするサプリメント
サイレントナイトの詳細はこちら




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)