筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

鼻炎でいびきがうるさい場合の改善方法とは?

鼻炎でいびきがうるさい場合の改善方法とは?

現在アレルギーに悩んでいる方は多いと思いますが、そのアレルギーの中でも特に多いと言われているのがアレルギー性鼻炎になります。アレルギー性鼻炎とは、風邪や花粉症も含めて、ほぼ1年を通してかかる可能性があるとも言われており、日本人では、なんと5人1人と言う割合で発症するとも言われています。アレルギー性鼻炎の主な症状と言えば、突然起こる鼻水や鼻づまり、鼻のムズムズ、くしゃみなどになります。特にアレルギー性鼻炎が発生しやすいのは、季節の変わり目になります。1番有名なものになれば「花粉症」になりますが、その症状は目のかゆみ、皮膚の痒み、咳、ひどい場合には微熱にまで及びます。

アレルギー性鼻炎で1番辛いのが、鼻づまりでなかなか寝付けないと言うことです。体が疲れていてもベッドに仰向けになると鼻が塞がれてしまったかのようになり、鼻呼吸がとても辛くなります。鼻呼吸とは呼吸の中でも1番酸素を体内に取り込みやすい方法ですが、アレルギー性鼻炎により鼻呼吸が妨げられてしまうと、知らないうちに口呼吸をするようになってしまう危険性があるのです。口呼吸はいびきの原因になりますので、どんなに呼吸が楽だとしてもあまりお勧めはできません。

またアレルギー以外でも鼻炎を起こしやすいと言う方もいらっしゃいます。このような場合は、病院でアレルギー検査を受けてもアレルギー反応が全くない、原因の不明の鼻炎になります。もし原因があるとするならば、自律神経の乱れやストレス等で粘膜が過敏になっていて、微小のチリやほこり、ヘアースプレーやデオドラントスプレー、香水、香辛料の香りを吸い込んだだけでも粘膜が反応して、鼻炎が起こると考えられます。次に風邪をひいた時に鼻が詰まったり、鼻水が垂れるなどの症状に悩まされた場合ですが、やはりアレルギー性鼻炎と同じく睡眠中の鼻水や鼻づまりが大敵となります。

アレルギー性鼻炎やその他の理由で鼻が詰まっている場合、睡眠時以外は鼻をかんだり、鼻づまりに効く薬やアイテム等でなんとか乗り切ることができますが、やはり睡眠中に鼻が詰まってしまうと、何とか酸素を効率良く取り込もうとして、無意識の内に口が開き、いびきをかいてしまいます。いびきをかくような状態をそのまま放置していると、眠りの質が悪くなり体に悪影響及ぼしますので、まずはいびき改善アイテムを使用して鼻の通りを良くしましょう。

そこでオススメしたいのが、鼻腔を拡張するアイテムです。鼻に装着すれば鼻腔が広くなり、睡眠中も鼻がスーッと通る単純な構造になっていますが、このアイテムにより鼻呼吸が楽になり、いびきも自然と治ります。このアイテムと同時に、是非使用していただきたいのが、いびき防止テープです。このアイテムは鼻の上から貼るだけで鼻腔を広げて呼吸を楽にしてくれます。鼻腔を拡張するアイテムと同時に使用しても、薬のように副作用もありませんし安全性も高いので、鼻炎でいびきがうるさいと指摘されたことがある方や、鼻が詰まって息苦しくて寝られないという方は、薬局でも簡単に手に入るこれらのアイテムを使って、いびき知らずの快眠を目指してみましょう。

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)