筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびき改善アイテムは自身に合ったもの・原因に合ったものから探し当てよう!

いびき改善アイテムは自身に合ったもの・原因に合ったものから探し当てよう!

近年では、いびき改善のためにさまざまアイテムがそろっています。
しかし、たくさんあるがゆえに、何を選んだらいいのかわからないという人もいることでしょう。
今回は、簡単に使えて、いびき改善に役立つアイテムを紹介していきます。

☆鼻腔を拡げるテープ

いびきの改善アイテムといえば、この「鼻腔を拡げるテープ」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
ドラッグストアやスーパーなどでも購入できるので、入手に困ることもありません。
鼻の上に貼るだけという手軽さも、人気を集めている一つの要因でしょう。
このタイプのアイテムは、鼻詰まりが原因となる鼻いびきの人に向いている商品です。
テープを貼ることで鼻詰まりが解消できるわけではありませんが、鼻の気道を拡げて呼吸を楽にしてくれます。
普段はいびきをかかない人でも、花粉症の季節や風邪を引いた時など、その状況に合わせて使用できます。

☆口呼吸防止アイテム

口呼吸がクセになっている人には、口呼吸を防止するアイテムがおすすめです。
朝起きた時にノドが痛い、口の中が乾燥していると感じる人は、口呼吸が原因でいびきをかいている可能性が高いでしょう。
口呼吸防止アイテムでおすすめなのは、アゴを支えるサポーターや口に貼るテープです。
アゴのサポーターは、マスクのように耳にかけてアゴを包み込むようにします。
寝ている時に外れることも少ないので、一晩中安心できます。
口に貼るテープは誤飲の危険性もあるので、小さな子どもへの使用は避けるようにしましょう。

☆身近なものを使ってみる

わざわざいびき改善のためにアイテムを購入せずとも、身近なもので改善できるケースもあります。
例えば、バスタオルです。
枕の高さが自身に合っておらず、ノドの気道が狭くなっていることが原因でいびきにつながっていることもあります。
まずは、自身の枕の下にバスタオルを折りたたんで枕の高さを調整してみましょう。
1日1日高さを少しずつ変えることで、ベストな高さを見つけていくのです。
特に、低めの枕を使用している人は、アイテムを購入する前にこの方法を試してみることをおすすめします。

☆医療機関でマウスピースの作成

市販でもいびき改善を目的としたマウスピースは販売されていますが、難点なのが自身の口にフィットするものを探し出すことです。
フィットしないものを使っていても改善はされませんし、実際に使ってみないとわかりません。
市販のもので探すこともいいですが、歯科医院で自身に合った専用のマウスピースを作成することもおすすめです。
費用はそれなりにかかってしまいますが、しっかりと合うものを作れるので、結果的に市販のもので合うものに巡り会うまでにかかるコストよりも安く済むことも考えられます。
かかりつけの歯科医院で一度相談するのもいいでしょう。

☆自身に合ったものを探しだそう

いびき改善アイテムをいくつか紹介してきましたが、いびきの原因に合ったもの、自身のライフスタイルや身体に合ったものを使用する必要があります。
一つのものを使って効果が得られなければ、違うタイプのアイテムを試しながら探していきましょう。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】