筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

そのいびき、ノドの脂肪が原因かも?運動を取り入れていびき改善に努めよう

そのいびき、ノドの脂肪が原因かも?運動を取り入れていびき改善に努めよう

いびきにはいくつかの原因がありますが、ノドに脂肪がつくことで気道が狭くなり、いびきをかいているという人も多くいます。
今回は、肥満が原因で気道が狭くなっている人に向けたお話をしていきましょう。

☆ノドに脂肪がつくとは?

脂肪がつくといえば腹部や腕、足などを連想する人は大勢いますが、実はノドにも脂肪がつくのです。
目視できるような首回りだけではなく、体内のノドの周りにも脂肪がつくということは、それだけ食道や気道を狭めているということです。
気道が狭くなるとたくさんの酸素を取り入れようとして呼吸も大きくなり、それが寝ている時であればいびきにつながるのです。
ノドに脂肪がついている人の特徴としては、全体的に肥満体型であることが挙げられます。
ノドに脂肪がついていることが原因のいびきを改善するには、腹部や足、腕だけではなく、身体全体のダイエットが必要となります。

☆肥満体型ではないから大丈夫?

肥満体型の人はノドに脂肪がついている可能性があると先述しましたが、肥満体型ではないから大丈夫と安心するのは少し早いかもしれません。
痩せ型の人であっても、内臓脂肪が多いケースがあることはご存じの人も多いでしょう。
これはノドにも同じことが言えます。
外見では痩せているように見える人でも、体内のノドに脂肪がついている人がいるのです。
痩せ型で、さまざまないびき改善法を試してみても改善が見られないという人は、ノドに脂肪がついていることを疑ってみてもいいかもしれません。

☆どんな運動がおすすめ?

では、ノドの脂肪を落とすためにはどんな運動を取り入れたらいいのでしょうか。
まず、全体的に肥満体型の人であるなら、全身のダイエットを行いましょう。
おすすめなのは1回20分間の有酸素運動です。
ジョギングや水泳などの有酸素運動を1回20分間続けることで、効率よく体脂肪へと働きかけることができます。
筋トレなどの無酸素運動は局所への効果はありますが、全身のダイエットを考えるときには有酸素運動のほうがいいでしょう。
全身のダイエットを行いながら、また、肥満体型ではない人がノドの脂肪を落とすには、首痩せ運動がおすすめです。
・アゴを上下左右に大きくゆっくりと負荷をかけるように動かす
・背筋を伸ばして首をぐるっと1周回す(逆回転も)
・喉仏の左右にあるツボを押す(脈がとれる部分)

☆食生活にも注意しよう

運動だけではなく、食生活にも注意する必要があります。
社会人ともなれば、付き合いの外食なども多いことでしょう。
頻繁に断ることもできないでしょうが、基本は自炊で和食がおすすめです。
どうしても外食を減らせないような時には、周りの人に気づかれないように食べる順番を変えるだけでも効果的です。
汁物→野菜→メイン→炭水化物と、食べる順番を意識的に変えることで接種カロリーや糖質を抑えることができます。
あとは、種類を多く量は少なめ、腹八分目、アルコールの過剰摂取に気を付けて、お付き合いの席を楽しむようにしましょう。

☆運動を取り入れていびき改善&健康維持を

ノドに脂肪がついているか否かは、外見だけで判断できるとは限りません。
しかし、肥満体型の人に多い傾向はあります。
やはり、運動を生活の中に取り入れ、食生活も意識してダイエットをはじめてみましょう。
全体の脂肪を落とすことと同時に首回りの運動も行って、いびき改善に役立ててみてください。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】