筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきの改善が難しいと思うなら専門医の力を借りてみよう。専門医の治療法を紹介

いびきの改善が難しいと思うなら専門医の力を借りてみよう。専門医の治療法を紹介

いびきに悩んでいる人は、誰しもがそのいびきを改善したいと思っていることでしょう。
しかし、改善したいとはいってもなかなか難しいのが現状です。
今回は、いびきの改善が難しいと考える人へ、いくつか提案していこうと思います。

☆まずはセルフ改善法を試そう

いびきを改善したいと口にしても、何も対策をしなければ改善はされません。
睡眠中という無意識の中で起こることですから、改善する!と意気込むだけでは結果はついてきません。
そこで、今日からできるセルフ改善法をまずは試してみましょう。
参考までに、いくつか紹介します。
・抱き枕などを活用して横向き寝にする
仰向けで寝ることで、舌の根元がノドへと落ち込みやすくなり、気動が狭くなります。
抱き枕などを使って横向き寝になることで気道を確保できることで、いびきの軽減に繋がります。
・ストレスを解消する、寝酒を控える
大きなストレスやアルコール分は、舌の筋肉を緩ませてしまう働きがあります。
舌の筋肉が緩むとノドへと落ちやすくなり、気道を狭くさせがちです。
リフレッシュをしてストレス解消したり、アルコールは早めに飲んで切り上げ、寝酒は控えるようにしましょう。
・市販グッズを試す
いびきを改善させる目的のグッズは、数多く市販されています。
鼻の上や口元に貼るテープ、アゴサポーターなど、その種類はさまざまです。
ライフスタイルに合わせて使いやすいものをチョイスしてみましょう。

☆改善が見込めないなら受診も視野に

セルフ改善法をしばらくの間試してみて、なんの変化もみられない、改善の見込みがないのでは?と感じたら、自身だけで改善していくことは難しいかもしれません。
そんな時は、専門である耳鼻咽喉科を受診することも視野に入れてみましょう。
いびきは、鼻もしくはノドに関する症状なので、耳鼻咽喉科が専門医となります。
ただのいびきではなく、睡眠時無呼吸症候群の可能性も考え、対応している耳鼻咽喉科を選ぶようにしましょう。

☆どんな治療法があるのか

耳鼻咽喉科ではまず問診が行われ、この問診を元に生活習慣の指導があります。
この指導によって改善できるケースも少なくないので、指導を受けたらしっかりと従うように努めましょう。
そして、生活習慣の指導を行った結果、改善が難しいと判断された場合は治療へと移っていきます。
・マウスピース
自身の口に合ったマウスピースを作成し、それを就寝中にはめるだけという、簡単かつ即効性のある治療方法です。
マウスピースをはめることで、舌がノドへと落ち込むのを防ぎ、気道を確保していびきを改善していきます。
・投薬
いびきの原因が鼻詰まりにあると診断されると、鼻詰まりを起こしている原因を解消するための薬を処方されます。
例えば、アレルギー性鼻炎が原因となれば、抗アレルギー薬や点鼻薬などがそれにあたります。
・CPAP
これは、特殊なマスクを装着して酸素を送り込むという、いわば酸素マスクのような機械を使った治療方法です。
高い効果が期待できる点と副作用が少ないという点で、日本をはじめ世界中で行われている治療方法です。
また、睡眠時無呼吸症候群に対しても大きな効果が期待できるとされています。
大掛かりな機械を使うので費用がかかると思われがちですが、保険適用治療なので心配はいりません。

☆注意点

上記で挙げてきた治療法は、あくまでも生活習慣が関係したいびきに対しての治療法です。
なかには、睡眠時無呼吸症候群の程度が重い、先天性な身体的異常(舌や気道、鼻腔の形)がある場合には、紹介した治療法では効果が得られません。
これらの場合には、手術という方法をとるケースもあります。
しかし、技術の進歩によって手術を行っても痛みや復帰までに時間がかかるということも少なくなっています。

☆専門医の力を借りることも一つの方法

できることならセルフ改善法でいびきを改善していきたいと思う人がほとんどでしょうが、なかには専門医の力を借りたほうが早く、確実に改善できるケースもあります。
改善が難しいと感じるのであれば、専門医を頼ることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

 

徹底研究の結果わかった筋肉成分の低下の問題を
サポートするサプリメント
サイレントナイトの詳細はこちら