筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきにはうつ伏せ寝も効果的!改善が見られないケースもあるの?

いびきにはうつ伏せ寝も効果的!改善が見られないケースもあるの?

いびきを改善するには、横向き寝が適しているということは知られています。
何度かこのサイトでも取り上げてきた内容です。
しかし、実は「うつ伏せ寝」もいびき改善に効果的ということがいわれています。
今回は、うつぶせ寝といびき改善の関係について紹介していきましょう。

☆横向き寝のデメリットとは

以前から横向き寝はいびきの改善に役立つというお話をしてきましたが、確かにいびき改善には役立つのですが、デメリットがないわけではありません。
例えば、横向き寝を長時間とると、腕が痺れたり肩が痛くなったりという経験をしたことがある人もいるでしょう。
横向き寝のこういったデメリットを解消するために、寝返りを打つ頻度が高まり、結果いびきが酷くなる仰向け寝になってしまう人も少なくありません。
それを防止するために、抱き枕などのアイテムを追加して取り組む必要があるのです。

☆うつ伏せ寝のメリットとは

では、うつ伏せ寝をすることによるメリットにはどんなものがあるのでしょうか。
うつ伏せ寝は非常に楽な姿勢です。
実際に試してみてそう感じる人も多いことでしょう。
身体にかかる負担も少ないため、頻繁に寝返りを打つ必要もなく、寝ている時に姿勢が変わることも最小限にすることができます。
そして、うつ伏せで寝ることで、舌がノドの奥へと落ち込んで気道を狭めてしまうということもありません。
また、うつ伏せ寝の状態で口を開けたままで寝るという人はとても少なく、自然と鼻呼吸ができるようになります。
これらのメリットはいびきと関係が深く、どちらもいびき改善には効果的です。

☆うつ伏せ寝でもいびきが改善されない…その理由とは?

いびき改善に効果的なうつ伏せ寝をしても、いびきをかいてしまうという人もなかにはいます。
その最も大きな理由としては、舌の根元に脂肪がつき過ぎていて気道を狭めているということです。
舌に脂肪がついているかどうかは、自身で判断することはなかなか難しいのですが、うつ伏せ寝でいびきをかくなら、舌に脂肪がついていることを疑ってみてもいいかもしれません。
舌の脂肪を落とすためには、全身のダイエットも効果的ではありますが、舌の筋肉を鍛えるのも良い方法です。
例えば「あいうべ体操」です。
これはとても簡単で、「あ・い・う・べ」とはっきりと大げさに発音するだけ。
特に、「べ」の音は舌をしっかりと使って発音するようにしましょう。

☆疲労蓄積やストレスが原因の場合にも効果は現れにくい

舌に脂肪がつくこと以外にも、うつ伏せ寝の効果が現れにくいケースがあります。
それが疲労蓄積とストレスです。
疲労がたまると酸素不足になりやすく、多くの酸素を取り入れようと鼻呼吸ではなく口呼吸に一時的に切り替わることがあります。
口呼吸はいびきの大敵ですから、疲労を溜めない工夫が必要です。
ストレスは、自律神経に影響を与えるということを見聞きしたことがある人も多いでしょう。
自律神経は私たちの身体に大きな影響を与えるもので、ストレスにより自律神経が乱れると気道を狭めてしまうケースがあります。
このように、疲労やストレスがあると、うつ伏せ寝でのいびき改善には難しい面もあるのです。

☆身体的に楽なうつ伏せ寝もいびき改善には効果的

いびき改善には横向き寝が推奨されてはいますが、腕のしびれや肩の痛みに悩まされるという人もいることでしょう。
そんな人は横向き寝ではなくうつ伏せ寝を試してみてはいかがでしょうか。
抱き枕などのアイテムも特に必要ないので、今日からでも試せる方法です。
改善が見られなければ、ストレス解消や疲労回復のために休息をとる、舌の運動を取り入れてみるということをおすすめします。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】