筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

急な外泊にも役立つ!簡単に出来て即効性のあるいびき改善策まとめ

急な外泊にも役立つ!簡単に出来て即効性のあるいびき改善策まとめ

いびきの改善には、対処療法や根本的な改善策などいろいろあります。
しかし、急な旅行や外泊で恥ずかしい思いをしたくない!という声も多いものです。
そこで今回は、比較的即効性のあるいびきの簡単な対処療法をまとめてみました。
急なスケジュール時にぜひ活用してみてください。

☆横向き寝・うつぶせ寝をキープ

仰向け寝で寝ることは、舌が喉に落ち込んで気道が狭くなり、いびきが酷くなる原因になります。
これを解消するには、横向き寝・うつぶせ寝がおすすめです。
横向き寝をキープする方法として、自宅であれば抱き枕の活用がおすすめですが、外泊先で横向き寝をキープするには、丸めたバスタオルを活用しましょう。
丸めたバスタオルに抱きつく、もしくは背中に添わせて寝返りがしにくいようにしてみてください。
うつぶせ寝は比較的寝返りが少ない寝方だとされていますので、アイテムが何もない時はうつぶせ寝を実践しましょう。

☆鼻詰まりを解消する薬の活用

鼻詰まりは鼻腔を狭めてしまうので、いびきをかきやすくなる原因のひとつになります。
鼻詰まりを解消するには、専用の薬を服用しましょう。
鼻詰まりのみに効果があるものを使うことがポイントです。
また、内服薬ではなく点鼻薬の使用もおすすめです。
もし飲酒をした場合には服用出来ない薬もあるので、その点は注意しましょう。

☆枕をバスタオルに変える

ホテルなどの枕は、比較的柔らかいタイプのものが多い傾向にあります。
普段使っている枕が変わると、それだけでもいびきをかきやすくなりますし、柔らかい枕は頭をしっかりと支えることができません。
そこでおすすめなのがバスタオルです。
バスタオルを折りたたんで、首が折れ曲がらない程度の高さに調整して枕代わりにします。
日頃からちょうど良い高さを知っておけば、外泊先でも同じ高さにすればいいので便利でしょう。

☆アルコールの摂取を控える

出張などで外泊するとなれば、その夜は接待などでアルコールを飲むこともあるでしょう。
アルコール分は舌や喉の筋肉を緩ませる作用があるため、いびきの大敵ともいえます。
本当であれば、アルコールの摂取はやめておくべきですが、なかなかそうもいかない場面もあります。
そんな時は、アルコールの度数を低くする、水割りなどで薄めるなど、極力アルコールの摂取を控えられるようにしてみましょう。
もちろん、飲みすぎないということも忘れずに。

☆対処療法と合わせて根本的な改善をしていこう

今回紹介したのは、急な外泊時に役立つ改善策です。
どれも簡単に実践できるものですし、ちょっとした心がけひとつで出来ることもあります。
また、これらの対処療法だけでは心配だという人は、鼻腔を拡張するテープなどのいびき改善アイテムをバッグにしのばせておくのも良いでしょう。
いざというときに役立ちます。
しかし、あくまでも対処療法でしかありませんから、自身のいびきの原因を突き止めて根本的な改善を図ることをおすすめいたします。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

 

徹底研究の結果わかった筋肉成分の低下の問題を
サポートするサプリメント
サイレントナイトの詳細はこちら