筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきを改善するなら舌や喉元などの筋肉を鍛えよう!簡単な体操を習慣化して

いびきを改善するなら舌や喉元などの筋肉を鍛えよう!簡単な体操を習慣化して

自身の睡眠をも妨げて疲労がなかなか取れないなど、さまざまな影響をおよぼす「いびき」。
いびきの大きな原因は、気道が狭まることにあります。
気道が狭くなる原因はいろいろとありますが、最も多いのが舌や口周りの筋肉の緩みです。
そこで今回は、筋肉の緩みで起こるいびきについて、そして改善策も合わせて紹介していきます。

☆いびきと筋肉との関係性とは

いびきをかく原因のひとつに、舌や口周り、喉元の筋肉の緩みや衰えがあります。
筋肉の衰えは主に加齢を原因とし、筋肉の緩みはアルコールや薬の服用を原因とします。
舌や喉元の筋肉が衰えたり緩んだりすると、舌が喉の奥へと落ち込みやすくなって気道を狭くしてしまいます。
口周りの筋肉が弱まることで就寝中に口が開きやすくなり、鼻呼吸ではなく口呼吸をするようになります。
口呼吸は喉の粘膜を乾燥させ炎症が起きやすくなり、その炎症が気道を狭くしてしまいます。
このように、舌や口周り、喉元の筋肉といびきには密接な関係があるのです。

☆舌や喉元の筋肉を鍛える方法

舌や喉元の筋肉を鍛える方法を、2つ紹介していきましょう。
〇あっかんべー体操
これは、ただ舌を前に出すだけという簡単な方法です。
「あっかんべー」とするように舌を前へ出します。
可能な限り、前へと突き出すのがポイントです。
舌を出したまま、10秒間キープしましょう。
〇貼り付け体操
これも、上あごに舌を貼り付けるようにするだけの簡単な体操です。
唾を飲み込む瞬間の舌の位置をイメージしてみましょう。
上あごに舌を貼り付けたまま口を閉じて、10秒間キープします。
舌で上あごを押すように貼り付けることがポイントです。

☆口周りの筋肉を鍛える方法

次は、口呼吸を改善するために、口周りの筋肉を鍛える方法を紹介していきましょう。
〇ペットボトル体操
空のペットボトルを、唇だけでくわえます。
そのまま息を出し入れして、ペコペコと凹ませたり膨らませたりしましょう。
最初は500mlのペットボトルから始めてみて、慣れてきたら徐々に1L、2Lと容積の大きいものへと変えてみてください。
〇あご押し体操
口をしっかりと閉じます。
唇を中へと入れ込むように閉じることがポイントです。
両手それぞれで握りこぶしをつくり、親指と人差し指で渦になったほうをあごの両脇にそれぞれ添えます。
そのまま、握りこぶしであごの両脇を強めに押し、10秒間力を加え続けます。

☆合わせて首周りの筋肉も鍛えてあげよう

首周りの筋肉を鍛えることで、気道を引っ張る力が安定しやすくなります。
最も簡単な首周りの筋肉を鍛える方法は、頭を前後左右へそれぞれ倒すだけ。
ただし、倒す時には倒す反対側の手で軽く押して負荷をかけてあげましょう。
それぞれ5秒間程度押してください。

☆筋肉を鍛えていびきを改善しよう
今回は、舌や口周りの筋肉の緩みが引き起こすいびきについて紹介してきました。
フェイスラインのたるみは目視で確認ができることもありますが、舌や喉元の筋肉の緩みは目視で確認することは難しいものです。
だからこそ、今回紹介したような方法を行って、意識的に鍛えてみてください。
入浴中や歯磨きのあとなど、自身のライフスタイルに合わせたタイミングで行うことを習慣化していきましょう。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】