筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

口呼吸になるリスクはいびきだけではない!改善するには日常的習慣が重要?

口呼吸になるリスクはいびきだけではない!改善するには日常的習慣が重要?

口呼吸は、いびきをかくひとつの原因になります。
普段は鼻呼吸が出来ている人でも、鼻詰まりなどが原因で一時的に口呼吸になることはありますが、この場合は一時的なものなのであまり心配はいらないでしょう。
しかし、慢性的な口呼吸はすでにクセになっている可能性が高いといえます。
しかし、きちんと対処すれば口呼吸は改善することができますし、その結果いびきを改善することにも繋がっていきます。

☆口呼吸になる原因とは

私たち人間の正しい呼吸法は「鼻呼吸」です。
しかし、いくつかの原因によって鼻呼吸から「口呼吸」となり、それが定着してしまう人がいます。
では、口呼吸が定着してしまう代表的な原因を挙げてみましょう。
・慢性的な鼻炎
口呼吸になる典型的な原因は「鼻詰まり」です。
例えば、一時的な風邪の影響で鼻詰まりになることがありますが、これは風邪が治って鼻詰まりが解消されれば自然に鼻呼吸へと戻ります。
しかし、アレルギー性鼻炎などの体質により、慢性的な鼻炎を抱えている人は、鼻詰まりが慢性化してしまうケースがあります。
そうなると、口呼吸で過ごす時間が長くなり定着してしまうのです。
・舌の位置の下がり
口を閉じた状態の時、舌の位置を確認してみましょう。
舌が上あごに付いているか下がっているかで、鼻呼吸と口呼吸に分かれます。
舌の筋肉が衰えることが引き金となり、舌の位置が下がってしまうのです。
人間の身体は舌の位置が上あごに付いていないと正しい鼻呼吸を行えず、口呼吸に変わります。
・喫煙
タバコを吸う人ならイメージできると思いますが、タバコを吸うには、口から息を吸ったり吐いたりします。
この動作が、口呼吸が定着してしまうリスクを高めてしまうのです。
・マスクの常用
意外に盲点となるのが、マスクの常用です。
風邪の時などに付けるのであれば一時的なことなので問題はありませんが、予防のためにとマスクを常用している人は要注意です。
マスクは、少なからず呼吸の妨げになります。
普段マスクを使わない人がいざ使った時、軽く息苦しい感じを覚えることがあるでしょう。
この息苦しさを解消するために、鼻呼吸に合わせて口呼吸もするようになり、これが常用となると口呼吸へ切り替わって定着するリスクがあります。

☆口呼吸になるリスク

次に、口呼吸になるとどんなことになりやすいのか、その代表的なリスクについて見ていきます。
・いびき
まずは、テーマでもある「いびき」です。
先述したように、舌の位置が下がっていると口呼吸になりやすく、舌が下がっているということは就寝中に喉に舌が落ち込みやすいといえます。
よって、落ち込んだ舌によって気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。
・歯周病や口臭
口呼吸をすることで、口内は乾燥します。
口内が乾燥すると口臭も強まりますし、唾液によって細菌を流すことができずに繁殖しやすくなり、歯周病のリスクも高まります。
・ウィルス感染
口呼吸は口が開いた状態ですから、さまざまなウィルスが体内へと入りやすくなります。
口の中に入ったウィルスが喉元へ感染し、全身へと行き渡ってしまうこともあります。

☆口呼吸の改善方法〜生活習慣編〜

口呼吸を改善するには、生活習慣の見直しも大切です。
例えば、原因のひとつでもある喫煙をやめる、鼻詰まりの原因を取り除く、さらにマスクを極力使用しないなどが挙げられます。
また、肥満体質の人は通常よりも酸素を取り入れにくくなっていることもあります。
食生活に気をつけながら運動を取り入れ、ダイエットも視野に入れていきましょう。

☆口呼吸の改善方法〜筋トレ編〜

さらに、舌の筋肉を強化することも口呼吸の改善には重要です。
もっと簡単なのが、上あごを舌全体で押すようにすること。
しかし、押すようにせずとも舌を上あごに貼り付けて過ごすことを意識するだけでも、大きな効果が望めます。
また、舌や口周りの筋肉を鍛えるための代表的な筋トレ法として、「あ・い・う・べ体操」があります。
これは、それぞれの音をハッキリと大げさに発音するだけで、「べ」の音は可能な限り舌を前へと突き出すとさらに効果的です。

☆まとめ

ここまで、口呼吸のしくみやリスク、改善策についてお話してきました。
口呼吸は舌の筋肉の衰えも大きな原因ですが、日常的習慣が招いていると言っても過言ではありません。
口呼吸を改善して、いびきとさまざまな病気のリスクを減らしていきましょう。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】