筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきを改善するには食事管理をして肥満を解消しよう!

いびきを改善するには食事管理をして肥満を解消しよう!

いびきの原因である肥満を解消するには、運動をすることも大切ですが、食事も重要なポイントになります。
残念ながら、いびきを改善するのに役立つ有効な食物というのはありません。
ですが、食事に注意することで肥満を解消し、結果的にいびきの改善に繋がることは効果があると十分に考えられます。
今回は、いびきの原因のひとつである肥満を解消するために、食事について見ていきましょう。

☆肥満がもたらすいびきへの影響

肥満になると、腹部や足、腕などに脂肪が増えますが、それに留まらず全身に脂肪がつくようになります。
そして、喉元も例外ではありません。
起きているときには、喉元の筋肉が脂肪を支えてくれるため問題はないのですが、就寝中は筋肉が緩みがちなため、脂肪を支えることができません。
そのため、支えてもらえない脂肪が気道を圧迫し、いびきを発するようになります。
つまり、肥満による喉元の脂肪がいびきの原因のひとつだといえます。

☆肥満解消のために摂取しておきたい栄養素

では、いびきを発する原因の肥満を解消するには、どのような栄養素を積極的にとるべきなのでしょうか。
まず挙げられるのが、新陳代謝を高めるために必要なビタミンが豊富に含まれている、ほうれん草やニンジン、ブロッコリー、かぼちゃ、トマト、ねぎなどの野菜です。


これらは、生食よりも温野菜にしたほうが量をとれるのでおすすめです。
次に、腸内環境を整える、ヨーグルトやキムチなどの乳酸菌です。
そして、イワシやマグロ、カキなどの魚介類に含まれているアミノ酸やミネラル分も大切です。
しかし、ただこれらの栄養素をとっていれば良いというわけではなく、栄養バランスの良いメニューを心がけることは忘れてはなりません。

☆食事のとり方にも注意を

肥満解消のために摂取しておきたい栄養素を知ることも重要ですが、食事のとり方にも注意しておきましょう。
例えば、血糖値の急上昇を防ぐために汁物・野菜・メイン・炭水化物という順序で食事を進めることは、肥満解消の効果が望めます。
また、就寝4時間前には夕食を済ませておくことが理想です。
もし仕事の関係で難しいという場合には、その分量を減らしたり、消化スピードの早いメニューを選びましょう。

☆飲酒や喫煙は肥満だけでなくいびきも招く

食事以外にも、肥満解消のために心がけておきたいものがあります。
それが、飲酒と喫煙です。
飲酒と喫煙はいびきを悪化させる原因のひとつですが、肥満をも招きます。
健康のためにもなるべく避けておきたいものなので、徐々に減らしていけるようにしましょう。

☆食事を管理して肥満を解消、いびきを改善していこう

今回は、食事を見直して肥満を解消し、いびきの改善に役立てることについて見てきました。
肥満は1日や2日で結果が出るわけではありませんし、いびきの改善の即効性もありません。
しかし、肥満を解消することでいびきの根本的な原因をひとつ排除できるのは確かです。
ぜひ、食事の内容やとり方を見直して、いびき改善に努めましょう。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】