筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきを改善するために役立つ体操のまとめ!いびき改善には口周り&舌の体操を習慣化しよう

いびきを改善するために役立つ体操のまとめ!いびき改善には口周り&舌の体操を習慣化しよう

自身の身体にも悪影響をおよぼす「いびき」は、同室で過ごすパートナーもそのいびきで睡眠不足になって体調を崩すなど、百害あって一利なしとも言えます。
当サイトでも、いびき改善の方法についていろいろと紹介してきましたが、今回はいびきを改善するための体操をまとめていこうと思います。

☆べろ回し体操

この体操は、歯に沿って上下左右に舌を動かすものです。
このとき、口を開けて行うのではく、口を閉じた状態で行うようにしましょう。
また、一方の方向だけでなく、逆回転も行います。
目安として片側20回ずつ、慣れてきたら50回ずつ行いましょう。
そして、この体操は就寝前に行うことがおすすめです。
喉の気道を拡げる助けにもなりますし、筋肉も適度にほぐれるので深い眠りに入りやすくなるとされています。

☆首の体操

この体操は、あたまを前後左右へと倒し、首の曲げ伸ばしを行うものです。
ただ頭を倒すのではなく、倒す方向とは反対側の手で軽く押して負荷をかけるようにしましょう。
そして、一方向5秒程度は負荷をかけて倒してください。
首が伸びていることを、じんわりと感じとりましょう。
前後左右1回ずつを1セットとして、3セットを目安に行います。
しかし、無理に行うと首を傷めることになりますから、自身が無理なく行えるセット数に調整しても大丈夫です。
そして、少しずつ増やしていけるようにしましょう。

☆あいうべ体操

いびきの改善を図る体操といえば「あいうべ体操」というほど、認知度の高い体操です。
「あ・い・う・べー」と口を大きく動かして発音するだけなので、とても簡単で短時間でできます。
また、「べー」を発しているするときには可能な限り舌を前へと突き出すようにしましょう。
口周りだけでなく舌の筋肉を鍛えることにつながります。
声を出すのは恥ずかしいという人は、発声せずに口を動かすだけでも同様の効果を望めます。
就寝前には口を動かすだけにするなど、自身のライフスタイルに合わせて使い分けてみてください。

☆ららら体操

この体操は、「ららら…」と連続で「ら」をひたすらリピートするというものです。
リズミカルに音を切るように発声することがポイントです。
「ら」の音を発声するには舌の筋肉を使います。
連続で発声することで舌の筋肉が鍛えられて、いびきの改善につながるのです。
湯船に浸かりながら、運転中など、自身のライフスタイルのなかに取り入れていきましょう。

☆いびき改善には口周り&舌の体操を習慣化しよう

今回は、いびきを改善していくための体操をまとめてみました。
どれも簡単で、用意しなければならない道具なども特にありません。
だからこそ習慣付けることが難しいという人もいるかもしれませんが、継続は力なり。
そして、いびきは1日や2日程度頑張ったからといって改善できるものではありません。
今回挙げた体操をコツコツと毎日続けていくことで、いびきの改善へと1歩ずつ進んでいけることでしょう。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

 

徹底研究の結果わかった筋肉成分の低下の問題を
サポートするサプリメント
サイレントナイトの詳細はこちら