筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびき改善に役立つ食べ物ってあるの?食生活の見直しも視野に入れよう

いびき改善に役立つ食べ物ってあるの?食生活の見直しも視野に入れよう

いびきを改善するためにと、日々さまざまな取り組みをしている人も多いことでしょう。
口周りや舌の筋肉を鍛えたり、市販のアイテムを使ったりと、いびきを改善するための方法はたくさんあります。
そこで今回は、食べ物に焦点を当てて、いびき改善について見ていきたいと思います。

☆いびきの改善につながる食べ物はあるの?

いびきを毎日の食事で改善していきたいから、いびきに効く食べ物を食べよう!と考えた人は、少し考え方を変える必要があります。
なぜなら、いびきに直接的に効く食べ物というのはないからです。
食べ物は薬ではありません。
それぞれの食べ物にさまざまな栄養素は含まれていますが、その栄養素がいびきに直接働きかけることは難しいといえます。
ですから、「いびきの原因となるものを解消するために役立つ食べ物をとる」というように認識するようにしましょう。
次に、いびきを改善するために間接的に有効とされる食べ物を、いくつか挙げてみましょう。

☆白身魚

肉食よりも魚食の食生活のほうが、健康面で見ても良いということは多くの人に認知されています。
ただ、いびきを改善したいとするなら、魚でも赤身ではなく白身のほうが有効だといわれています。
赤身に多く含まれている飽和脂肪酸は、鼻の粘膜を炎症させるけいれんを引き起こす場合があるのです。
そして、飽和脂肪酸の摂取を抑制するには、調理油にオリーブオイルを使うようにすることもおすすめです。

☆ハチミツ

喉が炎症を起こしていて腫れているときというのは、その腫れによって気道が狭まりやすいのでいびきをかきやすくなります。
そんな時におすすめなのがハチミツです。
ハチミツには抗炎症作用がありますから、喉が何かの原因で腫れているときにはその炎症を鎮めてくれるのに役立ちます。
炎症が抑えられれば、自然と気道を確保していびきを改善・緩和することにつながります。
ハチミツはヨーグルトにかけたり隠し味として使用したりするなど、アレンジの幅も広いので取り入れやすい食べ物といえるのではないでしょうか。

☆豆乳

牛乳を飲む習慣がある人は、牛乳を豆乳に切り替えるのもおすすめです。
牛乳は喉の粘液を増やしやすいので、いびきの観点からするとあまりおすすめではありません。
また、豆乳のほうが脂肪値も低く、健康面で見ても成人には牛乳よりも豆乳がいいでしょう。
豆乳はそのまま飲んでも良いですし、スムージーに使用したり料理に使用したり、使い道はさまざまです。

☆食べ物を意識すると同時に肥満の解消も視野に

ここまで、いびきの改善に間接的に有効と考えられる食べ物を挙げてきました。
食べ物を意識することももちろん良いですが、食生活を見直して肥満を解消することも一つの改善方法です。
肥満気味の人はどうしても喉に脂肪がつきやすく、気道が狭くなりがちです。
食べ物を意識するのと合わせて、野菜や魚中心にして栄養バランスよ良い食生活を心がけてダイエットに励むこともおすすめします。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】