筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきを改善するには原因に合った適切な対策をとることが重要!

いびきを改善するには原因に合った適切な対策をとることが重要!

いびきを改善するための方法にはさまざまなものがありますが、ひとつ勘違いをしてはいけないのが、「いびきの原因は人それぞれである」ということです。
つまり、いびきを改善するための方法も、人それぞれということになるのです。
ここでは、いびきの原因別に適切な対策を見ていきたいと思います。

☆肥満による喉の脂肪が気道を狭めているケース

いびきの原因にはさまざまなものが挙げられますが、最も多い原因とされているのが「肥満による喉の脂肪」です。
喉に脂肪がつくことで気道が圧迫されてしまい、空気の出入りがスムーズに行われずいびきを発してしまうのです。
また、全身が痩せ型であっても、二重あごの人も喉に脂肪がついている可能性は高いと言えます。
この原因の適切な対策は、なんといってもダイエットでしょう。
また、口周りや首の筋肉を鍛えて脂肪を落とすことも有効です。
しかし、これらの対策で即効性は得られないので、毎日コツコツと頑張っていくしかありません。
もし、出張などで一時的に即効性を求める必要があるのであれば、横向きで寝ることをおすすめします。

☆鼻詰まりによって空気の出入りがスムーズではないケース

風邪やアレルギーなどによって鼻詰まりが起きている人は、睡眠中の口呼吸が原因でいびきを発していることが多いです。
口呼吸のほうが酸素を多く取り入れられそうに思えますが、実は鼻呼吸の時よりも口呼吸の時のほうが気道は狭くなります。
この原因の適切な対策は、鼻詰まりを解消することです。
そのために、鼻詰まり改善のための点鼻薬や鼻孔を拡張するテープの使用がおすすめです。
しかし、これらは一時的な鼻詰まりによっていびきを発しているときに有効な方法で、慢性的な鼻詰まりがある場合には、耳鼻咽喉科で高周波ラジオ波による治療をおすすめします。

☆扁桃腺肥大によるケース

扁桃肥大とは、喉の奥が何かの原因で腫れあがっていたり、成長過程で扁桃が小さくならなかったりすることで、気道を圧迫しているケースです。
上記で挙げた「肥満・二重あご」「鼻詰まり」の原因に当てはまらない人は、扁桃肥大を疑ってもいいかもしれません。
この原因の適切な対策は、扁桃が腫れないように手洗い・うがいの徹底や喉の乾燥を防ぐためにマスクの着用がおすすめです。
しかし、成長過程のことが原因で扁桃肥大になっている場合は、扁桃の摘出手術が必要な場合も多くあります。

☆骨格が原因になっているケース

症例はまだまだ少ない傾向にありますが、骨格の問題であごが小さいこともいびきの原因になります。
この原因の対策は、マウスピースを装着して就寝するのがおすすめです。
ただし、マウスピースは対処療法になるため、根本的な改善を求めるとなると手術という方法を選択する場合もあります。
この手術には入院が必要になるため、スケジュールを組むことが必要になってくるでしょう。

☆いびきの原因にあった対策を心がけよう

ここまで、いびきの原因別に合った適切な対策を見てきました。
友人のいびきがこの方法で改善されたからといって、自身にもその方法が当てはまるとは決して言い切れないのです。
大切なのは、原因に合った対策を講じること。
まずは、自身のいびきの原因を突き止めて、そこから対策へと移っていきましょう。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】