筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきを改善する4つのトレーニングを伝授!実践してみよう

いびきを改善する4つのトレーニングを伝授!実践してみよう

いびきを改善するために、トレーニングという方法をとることもおすすめです。
当サイトでもいくつが取り上げた方法もありますが、復習の意味も込めて、いびき改善トレーニングの方法を見ていくことにしましょう。

☆口周りのトレーニング

口周りには、口輪筋やオトガイ筋と呼ばれる筋肉があります。
これらの筋肉を鍛えることで、唇を閉じやすくして口呼吸を改善し、いびきの改善へと導きます。
・方法
「あ・い・う・べー」と、大きくハッキリと発音します。
口を大きく開けたり横にしっかりと伸ばしたりすることで、口周りの筋肉を意識的に動かします。
そして、「べー」のときに舌を可能な限り前と下へ突き出しましょう。
この動きをすることで、口周りだけでなく同時に舌の筋肉を鍛えることもできます。

☆舌のトレーニング

舌にも筋肉があり、この筋肉を鍛えることで、舌を正常な定位置にキープできるようになります。
そうすると、舌が喉へと落ちて気道を狭くすることを防ぐことができ、いびき改善へとつながります。
・方法
まず、「あ・い・う・え・お」とひとつずつ丁寧に口を大きく動かして、顔周りの筋肉を動きやすくします。
そして、「ら」の音を「らららら…」と連続で発声しましょう。
舌が疲れるまで行うと良いですが、始めはなかなか難しいかもしれません。
50回はできるように、日々動きに慣れていけるようにしてみてください。

☆喉のトレーニング

喉には口蓋垂筋や口蓋咽頭筋など、軟口蓋の筋肉があります。
この筋肉を鍛えると喉が開きやすくなり、気道を確保しやすくなります。
・方法
喉のトレーニングは、軟口蓋を上げるということを意識します。
簡単にいうと、「あくび」をしたときや「うがい」をするとき、喉の奥が開くのがわかると思います。
この喉を開くという動作を意識的に行い、トレーニングするのです。
あくびをする真似、うがいをする真似(水なしでOK)をしてみましょう。
喉の奥が開いているのを実感しながら行うのがポイントです。

☆首のトレーニング

首の筋肉は呼吸筋とも呼ばれるほど、呼吸器官を助ける重要な筋肉があります。首のトレーニングをすることで筋力を高め、呼吸しやすい状態をキープすることができるようになります。
・方法
頭を前後左右に倒す動きを行います。
左に頭を倒すときには右手で右側頭部を、右に頭を倒すときには左手で左側頭部を押して負荷をかけます。
頭を前に倒すときには後頭部を、頭を後ろへ倒すときには額を手で押して負荷をかけます。
1箇所に5秒間程度、負荷をかけましょう。
これを1日3セット程度行ってください。

☆いびき改善トレーニングは習慣化することが大切

ここまで、いびき改善トレーニングの方法を紹介してきました。
これらのトレーニングは、数日行ったからといって効果をすぐに実感できるものではありません。
コツコツと継続していくことが必要不可欠になります。
「塵も積もれば山となる」という精神で、ぜひ習慣化できるように心がけていきましょう。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

 

徹底研究の結果わかった筋肉成分の低下の問題を
サポートするサプリメント
サイレントナイトの詳細はこちら