筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

笑っていられない寝言! いびきとの関係性も?改善するにはチェックすることから始めよう

笑っていられない寝言! いびきとの関係性も?改善するにはチェックすることから始めよう

いびきも睡眠中という無意識のときに起こるものですが、同じように睡眠中に起こるものとして「寝言」があります。
実は、寝言にもいくつかの種類や原因があり、生理的なものから注意すべきものまであります。
今回は、寝言に焦点を当ててみていきましょう。

☆生理的な現象の寝言

まずは、生理的な現象の寝言について見ていきます。
このタイプの寝言の特徴としては、小声・感情的な言葉ではない・一言などの短文などが挙げられます。
そして、このタイプの寝言は子供や若い男性に多く見られます。
25歳程度で自然に消えていくということも特徴のひとつです。
生理的な現象の寝言は、そのまま様子を見ていても問題は特にありません。
翌朝の笑い話にするなど、見守っていても大丈夫です。

☆注意したい寝言

次は、注意すべき寝言について見ていきます。
たとえば、インフルエンザなどによって高熱が出ている場合、高熱によって意識が朦朧とすることでうわ言のような寝言を発することがあります。
また、強いストレスも寝言を発する原因になります。
寝言の回数が増えたり寝言の長さが長かったりする場合は、特に強いストレスを抱えているケースがあります。
高熱によって発している寝言に対しては、熱が下がることで改善されていきます。
病院で適切な処置を受けて、早めに体調を回復させましょう。
ストレスによる寝言は、自分なりのリフレッシュ方法や発散方法を身につけることが大切です。
ストレスは万病の元とも言われるので、軽視せずに改善できるよう努めましょう。

☆何かの疾患が原因となっている寝言

特に気をつけなければならないのが、何かの病気が原因となっている寝言です。
よくあるのが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)による寝言です。
これは、過去に命の危機などに会い、それが強いトラウマになっている場合、悪夢を見たりうなされるような寝言を発することがあります。
この場合は、精神科医の力を借りてしっかりと過去のものに変える必要があります。
また、レム睡眠行動障害といって、夢遊病などとも言われますが、夢の中での行動を寝ている状態で実際に取ってしまうというものです。
50歳代の男性に多いとされていますが、レム睡眠行動障害を引き起こしている原因としてパーキンソン病や脳幹部の脳腫瘍がある場合があります。
このような兆候が見られた場合には、早めに医療機関を受診しましょう。

☆睡眠時無呼吸症候群の症状に寝言もある

当サイトのテーマであるいびきと関係性の深い睡眠時無呼吸症候群ですが、実はそのひとつの症状として寝言もあります。
特徴としては、ハッキリとした寝言ではなくうめき声のような寝言が挙げられます。
このような寝言に合わせて、中高年で肥満体質、大きないびき、睡眠中に呼吸が止まるなどに当てはまる場合には、睡眠時無呼吸症候群を疑ってもいいでしょう。

☆注意すべき寝言は軽視せずに改善を

今回は寝言について見てきましたが、生理的な現象の寝言であれば問題はありません。
しかし、何かの病気が原因となっている寝言も存在するので、たかが寝言と軽視するのは危険です。
寝室を共にするパートナーに確認したり、ボイスレコーダーなどを使って、自身の寝言をチェックしてみましょう。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

 

徹底研究の結果わかった筋肉成分の低下の問題を
サポートするサプリメント
サイレントナイトの詳細はこちら




146 PV