筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきを改善するには鼻呼吸が重要!鼻呼吸のメリットとは

いびきを改善するには鼻呼吸が重要!鼻呼吸のメリットとは

自身の身体に悪影響を与え、寝室を共にするパートナーへも睡眠妨害という影響を与えるいびきですが、いびきを改善するには口呼吸を鼻呼吸へと切り替えることが重要です。
今回は、鼻呼吸へと切り替えていびきを改善していくことについて紹介していきます。

☆口呼吸になるリスクとは

まずは、口呼吸になるリスクについてみていましょう。
口呼吸は口内乾燥を引き起こし、虫歯や歯周病、口臭などの口内トラブルの原因になります。
また、ウィルスや細菌が直接喉の粘膜に辿り着くことで、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。
そして、当サイトのテーマでもあるいびきをかきやすくなり、睡眠時無呼吸症候群を発症するリスクも高まります。
ここに挙げたのは代表的なもので、まだまだリスクはたくさんあります。
これだけを見ても、口呼吸を放置してしまうことは危険だと言えるでしょう。

☆鼻呼吸のメリット

次は、鼻呼吸のメリットを見ていきます。
鼻呼吸にすることで、先述したような口呼吸のリスクを減らすことができます。
加えて、湿り気のある空気の出入りになることで睡眠の質が上がったり、鼻呼吸は精神面にも良好な影響を与えるため精神安定につながったりというメリットがあります。
また、免疫力の向上、顔の引き締め、シワ・たるみの改善など、さまざまな面でメリットがあるのです。

☆口呼吸の可能性を調べるチェックポイント

口呼吸のデメリットや鼻呼吸のメリットを紹介したところで、口呼吸の可能性があるかどうか下記のリストに沿って調べてみましょう。
・寝起きはいつも喉に乾いた感じがある。
・季節に関係なく唇が乾燥しやすい。
・気づくと口が開いている。
・口角が下がっているように見える。
・歯並びが悪い、噛み合わせが悪い。
・睡眠中にいびきや歯ぎしりを発する。
口呼吸を判断するための一部のチェックポイントですが、これらに該当するという人は、口呼吸をしている可能性が高いといえます。

☆鼻呼吸へと切り替える方法

では最後に、鼻呼吸へと切り替えていく方法について見ていきましょう。
まずは、鼻呼吸をするという意識を持つことです。
当たり前に感じるかもしれませんが、自身で思うよりも口呼吸を鼻呼吸へと切り替えることは簡単なことではありません。
一度クセが付いているものを切り替えるには、強い意識を継続して持つことが大切です。
そして、顎や口周りの筋肉を、口が常に閉じておけるように鍛えることも重要です。
また、強制的に口を閉じさせるテープなども市販されていますから、こうしたアイテムを使うこともおすすめです。

☆口呼吸はデメリットばかり。今日から鼻呼吸の意識付けを行おう

今回は、鼻呼吸についてお話してきました。
前半では口呼吸のデメリットをたくさん挙げましたが、そのデメリットを改善するには鼻呼吸へと切り替えることが近道なのです。
鼻呼吸へと改善するには、何よりも日中の意識付けが重要です。
口を閉じるという当たり前の行動を当たり前に、自然に行えるようになるよう努めていきましょう。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

 

徹底研究の結果わかった筋肉成分の低下の問題を
サポートするサプリメント
サイレントナイトの詳細はこちら

504 PV