筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

いびきを引き起こす扁桃腺の腫れには疾患の可能性も!?改善策はあるの?

いびきを引き起こす扁桃腺の腫れには疾患の可能性も!?改善策はあるの?

いびきの原因にはさまざまものがありますが、「扁桃腺の腫れ」というのもひとつの原因になります。
扁桃腺の腫れには、扁桃腺肥大や扁桃炎といったことが考えられます。
そこで今回は、扁桃腺といびきの関係について見ていきたいと思います。

☆扁桃腺とは

まずは、扁桃腺とはどの部分なのか、基本的なところを確認してみましょう。
扁桃腺とは、口を大きく開けた時に喉の奥に見えるアーモンド状の2つの組織です。
扁桃腺は免疫器官のひとつで、口から侵入してきたウィルスや細菌を粘膜に包んで排出するという働きがあります。
扁桃腺が腫れるというのは、免疫機能が働いているという証拠でもあるのです。

☆扁桃腺が慢性的に腫れることも

先述したように、ウィルスや細菌を検知することで免疫機能が働き、扁桃腺は腫れ上がります。
しかし、なかには慢性的に扁桃腺が腫れてしまうこともあります。
それが、「扁桃腺肥大」と「扁桃炎」です。
この2つの疾患は、常に扁桃腺が腫れている状態になるので、気道を圧迫し続けてしまいます。
これにより、風邪などが原因で扁桃腺が腫れた場合には一時的ないびきで終わることが多いですが、扁桃腺肥大や扁桃炎になっていると慢性的ないびきになってしまいます。

☆扁桃腺肥大と扁桃炎の特徴

まずは扁桃腺肥大ですが、扁桃腺肥大は扁桃腺の大きさによって段階分けされています。
初期のわずかな肥大であればさほど自覚症状はありませんが、2段階目になると喉が狭まるほどに肥大してくるので、いびきだけでなく呼吸がしにくい、食べ物が通りにくいなどの自覚症状が出てきます。
3段階目になると、扁桃腺の腫れによって喉が閉塞するほどになってきます。
次に扁桃炎ですが、扁桃炎はウィルスやストレスなどさまざまな原因によって強い炎症反応が起きている状態です。
扁桃腺の腫れ以外にも、喉の強い痛みや高熱なども引き起こされます。

☆扁桃腺肥大と扁桃炎の改善策とは

では、扁桃腺肥大と扁桃炎を改善するには、どのような方法があるのでしょうか。
まずは扁桃腺肥大から見ていきます。
扁桃腺肥大は段階分けされると先述しましたが、その段階によって改善策が変わってきます。
初期であれば消炎鎮痛剤を使用するなどして様子を見ますが、2段階目になると消炎鎮痛剤にステロイド内服薬がプラスされ様子を見ます。
ここまでは投薬と経過観察が主になりますが、3段階目になると扁桃腺を除去する手術が必要になるケースも少なくありません。
次に扁桃炎ですが、扁桃炎は原因によって改善策が変わります。
たとえば、ウィルスによるものであれば抗生剤の投薬、アレルギーによるものであれば抗アレルギー剤の投薬が主になります。
また、精神的な原因であれば向精神薬の投薬に合わせて心理療法をとることもあります。
ただ、こうした投薬などで改善が見られない、日常生活に支障が出るという場合には、口蓋扁桃手術という手段をとることもあります。

☆いびきの原因が扁桃腺肥大や扁桃炎なら医療機関の力が必要になる

ここまで、扁桃腺のあれこれについて見てきましたが、扁桃腺肥大と扁桃炎という疾患を主に紹介しました。
改善策も合わせて紹介しましたが、読んでわかるようにこの2つの疾患は医療機関の力を借りて改善するほかありません。
専門家の的確な支持を仰ぎ、適切な治療を受けることをおすすめします。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

 

徹底研究の結果わかった筋肉成分の低下の問題を
サポートするサプリメント
サイレントナイトの詳細はこちら




275 PV