筋肉成分を摂取

新事実!
寝息(ねいき)のメカニズムを徹底研究してわかった新事実が「筋肉成分の低下」と言われていて「筋肉成分の不足」によって通り道が狭くなり空気の渋滞が起こる。なので筋肉成分をサイレントナイトで補うことで解消が期待できます。もちろん普段の適度な運動も併せて行うことが大事です。

→ サイレントナイト ←

マスクを使ったいびき改善策!効果はあっても万人向けじゃない!?

マスクを使ったいびき改善策!効果はあっても万人向けじゃない!?

いびきを改善するための方法として、マスクを寝るときにつけるということが挙げられます。「マスクをつけて寝ると良いよ!」という話を耳にしたことのある人もいるかもしれません。

今回は、「いびき」と「マスク」について見ていきたいと思います。

☆マスクをつけて寝るとどんな効果がある?

いびきのメカニズムは、当サイトでも度々取り上げてきましたが、舌が喉元へと落ち込んで気道を狭くしてしまうことにあります。これは口呼吸になっている人に多く見られるもので、なかには睡眠時無呼吸症候群を発症しているケースもあります。

これがいびきをかく原因ですが、寝るときにマスクをつけることで口呼吸から鼻呼吸へと、自然に切り替えることができるとされています。口呼吸が改善されて鼻呼吸ができるようになると、いびきも軽減していくといわれています。

☆マスクを使った改善方法をおすすめ出来ない人も

口呼吸を鼻呼吸へと改善していびきを軽減できるといっても、すべての人に適した方法であるとはいえません。

たとえば、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎、花粉症、鼻茸、慢性鼻炎など、慢性的な鼻詰まりがあって口呼吸になっている場合には、マスクを使った改善方法はおすすめできません。

このような原因によっていびきを発しているならば、鼻孔を広げたりこれらを解消したりすることで、いびきの改善へと近づいていけるようになります。

☆どんなマスクをチョイスすればOK?

いびきを改善するために寝るときにマスクをつけるといっても、普段から使用しているマスクでもいいのでしょうか。最もおすすめしたいのは、「濡れマスク」です。商品化されているものもありますが、市販のマスクを水で湿らせて使用してもOKです。

また、マスクは耳にかけて使うものが大半ですが、就寝中に耳が痛くなったり外れてしまったりすることもあります。そんな場合には、耳にかけないで使用するマスクを選んでみましょう。

こめかみ周辺にテープで貼り付けるタイプのマスクは、このような問題点を解消してくれます。

☆睡眠時無呼吸症候群には専用のマスクを!

いびきという症状のなかには、睡眠時無呼吸症候群である可能性もあります。睡眠時無呼吸症候群は、専門家のもとで適切な治療を行わなければ、命にも関わる重大な疾患です。

この睡眠時無呼吸症候群の治療に使われるのが、酸素マスクのような器具です。これを「CPAP」といいますが、大掛かりな機械でレンタル費用などもかかってきます。

しかし、睡眠時無呼吸症候群の改善策として、日本でも多く使用されている治療法です。睡眠時無呼吸症候群が疑わしい場合には、専門家を訪ねて専用のマスクで治療することをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群を自力で解消する決意があるなら「睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアル」を試してみて下さい。

 

☆マスクをつける改善方法は対処療法としての認識を!

今回は、いびきとマスクについて見てきました。

マスクを付けるだけという簡単な改善方法ではありますが、これは「ひとつの対処療法」です。マスクを活用しながら、「根本的な改善」へと取り組んでいきましょう。

 

自宅でいびきを根本改善する方法
マニュアルを読みながら進めていくだけ
ミラクルスリーププログラム【公式サイト】

 

徹底研究の結果わかった筋肉成分の低下の問題を
サポートするサプリメント
サイレントナイトの詳細はこちら




781 PV